MY ROOTS 新潟のご先祖様を辿る (2) ~戸籍取得~

Sponsored Links

生い立ちのヒント

自分の生い立ちについて知っているのは、幼少期のとき
なにかの話をしていたついでに母が言った
「うち(母方)のご先祖様は新潟の武士だった」
「お父さんの方もそうだった」
「自分が小さい時住んでいた家には蔵があって、なんでも鑑定団で見るような刀や皿、家系図など巻物が入っていた」
この三点のみである。

Sponsored Links

それを聞いたとき、戦国時代なら上杉派だった自分は
上杉家の家臣だったりして!と思った程度であった。
思えばそのときにきちんと調べておけば良かったのだが、
後悔先に立たずである。
今より早い時というのは無いので仕方ない。

自分の家はちょっと複雑な家庭環境であり、
一言で簡潔に説明するなら今は天涯孤独の身の上というやつである。
よって、親戚に聞き取り調査をすることは不可能。
ということで、やれる範囲で遡って調べるしかない。

戸籍を取得する

ご先祖様を辿ろうと思ったとき、家に家系図がない人が調査として手を付けるオーソドックスなところはまずこれだろう。戸籍。

戸籍を取得すれば、以前にどの戸籍に属していたかが記載されている。
その一つ前の戸籍を役所に請求することを繰り返せば、自分の直系眷属を遡ることができる。

ただ、現在取得できるもので一番古いのは明治十九年式。
戦災で失われたり、戸籍内の全員が除籍となって一定年数が経過して廃棄されたりしている場合もあるのでそこは運次第となる。

プロの手を借りてみる

勿論これは自分で出来るのだが、自分の場合転籍も多く
億劫で取り掛かるのがこれ以上遅れるくらいならプロに頼もう、ということで
行政書士事務所にお願いすることにした。

自分の場合、基本料と実費費用(謄本や切手の代金等)、系譜の解読料合わせて
4万円程度。
期間は3ヶ月程。
お寺なども調査してもらえるのが一番だけれど、そうなると費用も桁違いになるのでなかなか難しい。
が、この程度の金額なら無理なくお支払いできる。
時間と手間をお金で買おう、ということで依頼したのである。

予定より早く戸籍が揃い、対応も早く
調査の経過もメールしてくれたので私としては満足の結果だった。

ルーツは新潟にあった

届いた戸籍を見てみる。
取得を依頼したのは、父方の祖父の先祖と母方の祖父の先祖。
これが、届いてびっくり。どちらも新潟だったのだ。

「うち(母方)のご先祖様は新潟の武士だった」
「お父さんの方もそうだった」

このお父さんの方『も』は『武士』にかかっていたと思ったが
『新潟』にかかっていたのだろうか。

壬申戸籍が見られれば一発なのだが、戸籍謄本だけでは
身分はわからない。
母が信じていただけで、実は武士ではない可能性もあるし、
武士と言っても色々いるわけで。
ここからどこまで辿っていけるだろうか。

Sponsored Links

MY ROOTS 新潟のご先祖様を辿る (2) ~戸籍取得~」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。